こんにちは😁

ミニチュアファクトリー公式オンラインショップ『factorich ファクトリッチ』

スタッフの木原です🏭


秋が深まってきましたねー


秋と言えば、「芸術の秋」、「食欲の秋」、「読書の秋」…等々

「○○の秋」とよくいいますが、


やっぱりそれは「感性が豊かになる季節」という意味ですよね?

抜けるような空の色をみたり、乾いた空気を顔に感じたり、季節の食材の匂いをかいでいると、なんだかいろいろな感情がぐっと表にでてくるような気がします。


そんな時期だからこそ、

感性を刺激になるものを身近に置いて過ごしたいものですね。

 

●感性が豊かな秋に横尾氏の描く様々な感情を・・・


というわけで、今日は、そんな秋に、身に着けて皆さんの感情を刺激するアイテムをご紹介します。


横尾忠則氏が独自の感性で様々な感情を描く「泣き笑い人生」を

バッグやキーケースにつけるチャームにした「泣き笑い人生チャーム」です。

 


 

『横尾忠則 泣き笑い人生チャーム』

http://www.factorich.com/?mode=grp&gid=1928945

 

●インパクトのある表情の数々


直径7センチ程度の大きさで、見た通りのふわふわした手触りですから、それだけでもインパクトがありますが、

やはり特筆すべきは、そこに描かれる横尾氏が強烈に表現する感情の数々です。


例えば、悲しんでるような青のチャーム。

みているだけで、嗚咽や叫ぶような鳴き声、鼻をすする音が聞こえてきそうな強烈な泣き顔です。

 

もしくは、笑っているようなピンクのチャーム。

背中をのけぞって高笑いしているようにも見えますが、何かを企んで一人静かにほくそ笑んでる様にもみえます。

電車の中で、こうやって思い出し笑いをしている人も時々みかけますよね。

 

●人よりも人らしい表情は横尾氏ならでは


昭和の仁侠映画が好きな私が、個人的に好きなのは、白のこの表情。


パナマハットに長ドスが似合いそうな、いかにも「ヤクザ」という顔です。

それも映画では大役ではなく、中堅どころですね。


でも、そんなヤクザにも映画では描かれないような、いろんな思いがあるんだということを、妙に感じさせてくれるのが、この表情です。

 

ひとつの表情なのに怒っているようにも、笑っているようにも、悲しんでいるようにもみえます。

家族がいるのか?恋人がいるのか?はたまた組を思っての事なのか…

 

たかだか一つの表情なのに、いろんな感情がいりまじってるように見えるのが、やけにリアルに感じます。

横尾氏の技術やセンスと言ってしまえばそれまでですが、本当に人の顔よりも人間らしくみえるのですから不思議ですね。


●チャームは全6種6色 どういう感情を読み取るのかもあなた次第

 

チャームはブルー、ピンク、ホワイト、ブラック、レッド、イエローの6種類。

それぞれが、本当に個性的で、いろいろな感情を感じさせる表情をしています。

そこにどういう感情を読み取るのかは、身に着ける人次第です。

そういう意味でも、自分の感情や、感性を刺激してくれると思いますよ。

 

そんなチャームを、カバンやバッグ、キーホルダーなんかにつけ、刺激を求めて一緒に秋を探しにでかけるっていうのもいいと思いますよー。

 

 

『横尾忠則 泣き笑い人生チャーム』

http://www.factorich.com/?mode=grp&gid=1928945

 

それでは、またー👋

(スタッフ 木原)
ミニチュアファクトリー公式オンラインショップ
factorich ファクトリッチ🏭